海外移住

だからこそ、僕は海外に飛び出したい

くま吉くん
くま吉くん
どうも、くま吉です(@BobiRockByKuma)

\こんな人に読んで欲しい/
  • 海外就職、移住に漠然と不安を持っている人
  • 仕事、脱サラに迷うサラリーマン
  • 海外で活躍する日本人を知りたい人

『海外に飛び出す前に知っておきたかったこと』

今回紹介したい本はコチラ

久しぶりに心の底からワクワクして海外移住するまでのモチベーションを上げてくれた本です。

帯にも書いてあるように「おまえら、さっさと来いよ!」という台詞
心にズシンを重く響いてくる一言です。

著者は小林慎和(こばやし のりたか)さん
自らを普通の大阪人と仰ていますが来歴を見ると凄い人だという事がわかる。
詳しい事が知りたければTwitternoteで自己紹介が載っていたので是非見て頂きたい。

本書での構成はこんな感じ。

~構成~

  1. 海外ではどういう相手と戦うのか
  2. 英語(外国語)をどう身につけるか
  3. 知っておきたかったワークスタイル
  4. 知っておきたかった交渉の流儀
  5. 脱サラ起業する前に知っておくべきこと
  6. 世界から見た日本
  7. だからこそ、海外に飛び出す

是非読んで頂きたい一冊です。
今回私が最も紹介したい章を3つ選びました。

  1. 海外ではどういう相手と戦うのか
  2. 脱サラ起業する前に知っておくべきこと
  3. 海外に飛び出す日本人

最も衝撃を受けた章でもあるので、是非是非ご覧ください(๑•̀ㅂ•́)و✧

海外ではどういう相手と戦うのか

もう既に実感されていると思いますが、この先は今よりもっと世界中の企業、個人と戦う場面が増えていきます。
これは日本だろうが海外だろうが関係なく戦うことになります。

就職活動を見れば、今までは日本人同士での戦いでしたがこれからは日本人の他に中国人、韓国人、インド人、アメリカ人、フランス人…などなど世界中の人が相手になります。

では、彼らはどんな人なのか

 

ずばり、『自分の市場価値を把握し自分を売り込める人』です。

変化しない日本の初任給

少しわかりにくいかもしれません。

例えば、大学新卒で初任給といえばなんとなくイメージはつきますよね。
大体20万円前後でそれに諸手当がついたりするくらい。

この大学新卒の初任給20万円っていうのは実は20年以上変化していないのです。

 


(参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構)

上のグラフは男性の大学卒の初任給グラフ、下は女性になります。
微妙に差がある時点で日本社会の闇を感じますね。
同じ大卒で条件が同じだと思うのですが…。

1976年から1990年頃までは順調に右肩上がりなのに対してそこからはずっと横ばいが続いてきました。

1990年以降ずーっと20万円前後を横ばいしており
『大学新卒の初任給は20万円が相場』という謎の空気が出てしまいました。

どれだけ優秀だろうと大学を卒業して貰える初任給は20万円前後でそこから大きく乖離した給料を貰えることは出来ません。
逆に言えばどれだけ能力がなくても大学を卒業して就職さえ出来れば20万円は保証してくれるのですから日本企業は優しいのかもしれません。

日本の大学新卒の市場価値は20万円で固定され、給与交渉は必要ありません。

では、海外はどうかというと一般的に初任給はいくらと保証していません。

どうするのか。

 

新卒で給与交渉をするのです。

市場価値を知り、給与交渉をする新卒

海外では就職する際、採用ページを確認すると金額は書いてありません

これびっくりしますよね笑
日本の就職サイトを見ると必ず年収などの給与情報が載ってますよね。
でも海外だと載ってないんですよ。

世界最大のビジネス型SNSサイト『LinkedIn
これで仕事を探すと給与情報を載せていない求人も多いんです。

何故か、それは海外では給与は自分で交渉するのが当たり前なんですよ。

なので海外の就活生は当たり前のように自分の給与を交渉する。

大学を卒業したばかりの新卒が自分の給与を自分で交渉する。
交渉をするにあたり自分の市場価値を知る必要があり、海外の就活生は自分の市場価値を把握しています。

業務内容に対して自分が出来ることを把握し、日々スキルアップし、自分という商品を積極的に売り出す。
これが海外の就活生が当たり前に行っていることなんです。

脱サラ起業する前に知っておくべきこと

 

『サラリーマンをやっているのはリスクだよ』

 

こんな煽り文句見たこと無いでしょうか。
間違っていないのかもしれませんが、極端な意見ですよね。

たしかに終身雇用制度は終わったと考えておいた方が良いでしょう。
今でさえ大企業による早期リストラが話題になっているのに20代、30代の若者世代にとっては定年まで働き続けるには日々の研鑽が欠かせないでしょう。

かと言って起業するのが絶対に正解というわけではないが、起業マインドを持つことは現役サラリーマンにとっても大切なので紹介します。

ベストでなくともやる

ざっくり言うと習うより慣れろということ。

事前調査や入念な準備をしたとしても行動後の結果を見ると全く予想外れということはよくあります。

少ない資本金から何十万円というお金がどんどん減っていき、クライアントからの入金があるまでは気が抜けない。
そんな心休まる時が無い状況の中で事前調査、準備に多くの時間を使うことが出来ません。

ベストではなくとも持っている限りの全てのスキルを使ってベターな判断を即座にし、実行し続けていく必要があります。

やれることやり、壁にぶち当たれば即座に判断をし、また取り組む
この繰り返しです。

今日やらねば無価値

『明日やろうは馬鹿野郎』

なんとなく聞いたことがあるフレーズですよね。
「プロポーズ大作戦」という山下智久と長澤まさみが主演のドラマにある台詞です。

これ以外にも「賭博黙示録カイジ」でも


©福本伸行 / 講談社

ハンチョウが言ったこの台詞
『今日がんばった者…今日がんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!』

 

そう、今日を頑張らなければ明日も”今日”と同じ無価値な一日になってしまうのです。

今日やるべきことは、今日やらねば無価値。
今やるべきことは、、今やらねば無価値。

先程の『ベストでなくともやる』に通じますが、今やらなければいけないのなら今やらないといけない。
世の中は考えられないスピードで変化しています。

あなたが何時間も何日も何ヶ月も何年も入念に準備したこと、それを実行する時にそれはもう通用しないかもしれない。

もちろん全ての準備が不要と言っているわけではなくて、実行して初めて行ってきた準備が有意義になるのか、無意味になるのかがわかるのです。
だったら準備をある程度行ったところであとは行動に移し、結果から改善点を探した方がよっぽど良いです。

だからこそ、海外に飛び出す

この章で特に好きなエピソードを紹介します。

筆者の小林さんがシンガポールやクアラルンプールにいると、日本の大学生や若者が突然連絡をしてくるそうです。

「シンガポール行くので会えないでしょうか」

っと
学生がいきなり社会人に連絡をし、アポを取る。
とても勇気がいる行動に対して小林さんは全て

「会いましょう」

とお返事してくれるそうです。
突然の連絡、なぜ会いたいのか、どうやって自分を知ったのか何も聞かずにOKしてくれるそうです。

そして会う学生から共通して質問されることが

『学生時代に何をしたらいいですか?』
『グローバルで通用する人材になるためには何をしたらいいですか?』

気持ちは凄いわかる。
今まではテストで〇✕で回答出来たが、これからの世界では〇✕だけではわからないしそもそも解くべき問題がわからないことだらけだ。
そうなれば活躍している人から答えを教えてもらいたくもなりますよね。

だから苦労するよね…

って話ではなく、この後のエピソードが面白い

そんな学生が来たら、路面店が並ぶ『ホーカー』というところに連れていき、こう言うのです。

「ここで腕立て伏せを50回やるんだ」

仕事を終えたビジネスマン達が楽しく談笑している中、突然こんなことを言われても誰もやらないそうです(当然だよね)

重要なことは、やらないと判断したのは自分自身。
やらないと判断したものの答えなど必要ない。

自分の心の底からやりたいと湧き出ることだけをやればいい。

この台詞は本当にグサッっときました。
なのでこうしてブログで記事にまでしちゃっているのです笑

本書を読み終えて

この本を読んでからというもの、海外移住という夢がますます強くなっています。

経理としてキャリアチェンジしてまだ1年も経っていません。
目標の1,000万年もまだまだ届きそうにありません。

めちゃくちゃもどかしいです。
早く海外移住して思い描いている海外生活なのか、どんな驚きや困難があるのだろうか。
早く経験して、知りたい気持ちでいっぱいです。

じゃあ何も考えずもう海外移住しちゃえよ!って思われるかもしれません。

でもまだ出来ない…
スキルや経験、資産形成もまだ十分じゃない
それが達成出来るまでは、海外移住はしない(´・ω・`)

だからこそ今考えている海外移住の計画をもっともっと早めれるように
今日!頑張って明日が来るようにします( ー`дー´)キリッ

くま吉くん
くま吉くん
34歳で海外移住を目指してた僕が
くま美さん
くま美さん
今では29歳で移住を目指してる
ABOUT ME
くま吉
早期冬眠(アーリーリタイア)を夢見るくま。 投資と副業で海外移住を目指す!! 収入増,支出減の方法と英語を勉強中!! TOEIC855 / FP2級 / 宅建合格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。