英語

TOEICについて考える Part2

くま吉くん
くま吉くん
どうも、くま吉です。

前回、TOEICの必要性について自分の考えを書いてみました。

結論として

日本企業で働く人に限ってはTOEICの勉強をする事をオススメします。

理由として、世界的にTOEICスコアを重要視する国は日本と韓国くらいしかありません。

もし、あなたが日本企業、韓国企業で働きたいと考える場合はTOEICスコアを取得する事をオススメします。

TOEICについて考える Part1 って事で最近、チャット形式のこの吹き出しの使い方を覚えました。 可愛いので凄く気に入っています。 ...

TOEICについて考える

資格手当がある=所得格差が広がる

前回の記事でも少し触れましたが会社によってはTOEICを持っていると資格手当を支給してくれる会社があります。

一般的にTOEICによる手当は3000円~20000円と言われています。
参考サイト:資格手当の相場はどれくらい?実際の支給額をリサーチ!

支給額に幅があるのはスコアによって支給額が異なるからです。

スコアによる平均支給額がいくら違うのか調べてもわからなかったので、前職の支給基準を参考にします。

TOEICスコア別支給金額

600点以上 = 5000円
700点以上 = 7000円
800点以上 = 10000円

年間で計算し直すと600点以上で6万円、700点以上で8万4千円、800点で12万円

なのでTOEIC800点のスコアを持っている人と持っていない人では年間で12万円の所得格差があります。

半月分の給料も差が出てしまいます。

これはあくまでも一例なので企業によっては支給額が多かったり少なかったりします。

大手になるほどTOEICの資格手当を設けているところが多く、支給額が大きくなる傾向があります。

就活中に面接を受けに行った会社では800点以上で50万円の一括支給をする会社がありました…落ちましたが笑

TOEICを持っている人と持っていない人では所得格差が広がる

昇格・昇給の要件になる

ある調査によると、昇格・昇給の要件としてTOEICを導入しているまたは、しょうとしている企業は4割もあり、今その動きがどんどん拡大しています。

昇格・昇進で求められる点数として最低600点以上が必要です。

社内共用語を英語にした楽天では全社員が600点以上、係長で650点、課長で700点以上が求められおり、役職が上がるごとにTOEICが必要になっています。
参考サイト:採用・昇進時に求められる基準、TOEICは何点?スコア別企業一覧【まとめ】

どんどんTOEICのスコアが重要視され、既に就活ではTOEICのスコアで足切りが行われていると聞きます。

もし今が学生で日本企業に就職しようと考えているのであれば、資格手当、昇格、昇給の要件にTOEICスコアがあるのかを確認して、もしあれば就職前に目標スコアを達成出来るように勉強しておきましょう。

昇格・昇給にTOEICが必要とされる場合がある

まとめ

今回はTOEICが必要である理由を紹介しました。

TOEICが必要な理由
  • 資格手当による所得格差
  • 昇格・昇給に必要となる場合がある

 

でもここまで読んでくださった方でTOEICの勉強はしてるけど目標スコアに中々届かないって人もいると思います。

次回は自分がTOEIC425点から855点までスコアアップした実体験を書きたいと思います。

もし良ければ参考にして頂けると幸いです。

くま吉くん
くま吉くん
ではでは今日はこの辺で~

 

ABOUT ME
くま吉
早期冬眠(アーリーリタイア)を夢見るくま。 投資と副業で海外移住を目指す!! 収入増,支出減の方法と英語を勉強中!! TOEIC855 / FP2級 / 宅建合格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。