投資

年収300万円代独身サラリーマンさんへ 年末ギリギリだよ! ふるさと納税をやろう!

どうも。

くま吉です。

 

クリスマスも一段落して、いよいよ年末ですね。

何かやり残した事ないかなぁ…って考えてたら、あれやってない!

ふるさと納税!

ふるさと納税とは?

ふるさとや応援したい自治体に寄附が出来る制度の事。

所得税、住民税の控除が受けられ、地方自治体の特産品などを返礼品として貰えます。

 

急いでやらねば!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

年収300万円代独身サラリーマンこそふるさと納税を!!

実際にふるさと納税をやってみた!

ふるさと納税をやろう!ってテレビで良く見ますが、いざやろうと思ったら何からやればいいのかわからないですよね。

このブログを見て少しでも役に立てていただければと思います。

自分の納税控除額上限を知ろう!

まず初めにやることは自分がいくらまで寄附すればお得になるのかを把握しましょう。

私の場合、簡単シュミレーションでざっくり納税控除額上限を調べました。

(参考サイト:さとふる ふるさと納税控除上限額シミュレーションのご案内 )

私の場合、年収はだいたい300万円 独身で控除額は27,000円!

これで寄附金額がわかりました!

次は実際に返礼品を選びましょう!

返礼品を選ぼう!

返礼品を選ぼう!って見出しですが、私の場合既に決まっています。

そう、Amazonギフト券

色々賛否両論ありますが、2018年12月24日現在でも寄附が可能になっております。

もちろん他に返礼品は多くて非常に魅力的なものが多いです。

ビールが大好きな私…。

こういう普段飲めないクラフトビールとかも良いですね…。

申し込みをしよう!

ここまで来れば、申し込みをするだけ!

注意点として私みたいなサラリーマンの場合、ワンストップ特例制度を利用しましょう。

寄附した自治体からワンストップ特例の申請書が送られてくるので2019年1月10日までに申請書を出せばよくわからない確定申告もしなくてOK!

この申請は、また申請書が届いたら追記して紹介したいと思います!

ドンッ

完了です!

まとめ! 結局どれだけお得なの?

結論として、約8,000円お得になりました!

今回の場合

寄付額:25,000円

返礼品:Amazonギフト券10,000円分

参考式:10,000円(ギフト券)-2,000(実質負担額)=8,000円

25,000円(寄付額) – 2,000(実質負担額)=23,000円(控除額)

この23,000円は控除額として来年度の6月から住民税が安くなります!

基本的に返礼品が2,000円以上の価値があればお得と思っていいと思います!

 

如何でしたでしょうか。

今までよくわからないからと言って放置してきたふるさと納税ですが、やらなきゃ損してましたね。

ふるさと納税をやってみて思った事は、年収が低い、若い世代でも利用できる中々良い制度です。

来年は、Amazonギフト券が消える可能性が高いと言われているので違う返礼品を選ぼうと思います(人´∀`).☆.。.:*・゚

 

ではでは、今日はこの辺で~ヾ(*・ω・)ノ

くまが狙う2019年ふるさと納税 今日のテーマは『ふるさと納税』です。 年末ギリギリにふるさと納税をした、佐賀県みやき町の「Amazonギフト券(10,00...
ABOUT ME
くま吉
早期冬眠(アーリーリタイア)を夢見るくま。 投資と副業で海外移住を目指す!! 収入増,支出減の方法と英語を勉強中!! TOEIC855 / FP2級 / 宅建合格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。